栄養学

糖質は悪なのか?

以前から糖質カットによるダイエットや、炭水化物を控えた食事療法など、メディアで多く特集されていて、実践した方もいるのではないでしょうか?体重を落とそうとする人にとって、炭水化物・糖質は「悪」と言われることが多いですが、実際のところどうなのでしょう?

そもそも、炭水化物と言うのは、「糖質」と「食物繊維」の両方を組み合わせたものを意味します。糖質の役割は、体内に取り入れられエネルギー源となっており、食物繊維は、体内に消化酵素がないためカラダに吸収されず、腸内細菌のエサとなっています。

さらに、「糖質」を細かく分けると「多糖類」「二糖類」「単糖」の3つに分類されます。普段食べている米や小麦は「多糖類」で、消化されていく過程で「二糖類」そして「単糖」となり、体内でエネルギーへと変わっていくのです。

多糖類:でんぷん、オリゴ糖、グリコーゲン
二糖類:マルトース(麦芽糖)、ショ糖(砂糖)、ラクトース(酪糖)
単糖類:グルコース(ブドウ糖)、フルクトース(果糖)、ガラクトース

 

そんな糖質ですが、知っておくべき働きが3つあります。まず1つ目は、生きるためのエネルギーを生む源として使われるということ。細胞(細胞質基質やミトコンドリア)の中で、代謝が行われることでエネルギー(ATP)が生み出されますが、その際に糖質が欠かせないのです。3大栄養素の中でも、最もエネルギーに変換されやすいので、重宝されています。

2つ目は、脳・神経細胞・赤血球などの唯一のエネルギーとして働くということエネルギーを作り出すミトコンドリアなどを持たない細胞にとって、糖質は唯一のエネルギー供給源となっています。糖質を摂らないと、頭がぼーっとするというのも、糖質の働きが不足しているから起こるのですね。

そして3つ目は、体内で長期保存できるグリコーゲンの源となっていること。肝臓や筋肉に、蓄えることができるので、もし血中に糖質がない場合には、体内に蓄えられた分を代用することができるのです。マラソン競技や、長時間スポーツを行う場合に、グリコーゲンローディングをしようとするのは、このためですね。

①:体を動かすエネルギー源で、3大栄養素のなかでエネルギーに最も変えやすい
②:脳や神経細胞など、ミトコンドリアを持たない細胞のエネルギー源
③:グリコーゲンとして、エネルギーを肝臓や筋肉に長期保存できる

 

糖質をカットすると、スポーツのエネルギー不足でバテてしまうこと以上に、日常生活にまで影響が出てしまいます。これらの働きをよく考えた上で、食生活をコントロールするのが重要です。